圧倒的凄味

本日、熊本現代美術館で開かれているアラーキーの写真展へ行ってきました。

まず、衝撃を受けたのはその量。
6000点を超える写真の量で一日で見終わるのはまず無理。
三時間はいたんだけど、後に仕事入っていたため、途中で断念。
きちんと見たのは半分くらいでした。凄味のある写真を見るのはとても体力を使います。
写真は量で見せるものと、アラーキーと交友のある森山大道がよく言いますが、それを肌を持って感じた。

これから、行かれる方覚悟してイカれて下さい。

そして入ってすぐに、センチメンタルな旅・冬の旅が展示してあるので初めから涙して下さい。
[PR]
by ume0402 | 2008-11-25 01:22 | life
<< 人たらし才 うん、うまくいってるみたい。 >>