カテゴリ:book( 3 )

ほしかーーーー。

この写真集。
e0164136_2552678.jpg

好きな写真家マリオ・ジャコメッリ。

詳細は今度詳しく。
写真がキレキレです。
[PR]
by ume0402 | 2010-07-15 02:56 | book

写真について

質問です。

写真って英語で言うと何でしょうか?
答えは、「Photograph」

では、写真の意味は?
答えは、「真実を写す」

日本人に聞いたら、当然のようにこう答えますよね。

ところがホンマタカシがある時、マーティン・パーという、日本の古い写真集を買い集めているイギリス人の写真家(マグナム所属)に同じ質問してみると、彼は、
「ほんと??キャッチ・リアリティってこと?」
って不思議そうな表情を浮かべたみたいです。

「写真はリアルでなければ」なんて言葉をよく耳にします。
それを聞くたびに、「写真って何なんだろう?」とか「写真のリアルって?」と言う疑問に駆けられ悩まされていました。
(これ、今回の写真展につながります。)
ホンマタカシさんも、プロ写真家になって20年も経っているのに、この疑問はつねにある種の息苦しさを感じてたみたいです。
(プロでも未だあるのね。この感覚っと我思う。)

原因のひとつは、「真実を写す」というスゴく強い言葉のせいだと思うのです。
そもそも、Photographという単語の言語に「真実」という意味は含まれていません。
直訳すると、

Photo=光  graph=描く、あるいは画。

普通だと、「光画」くらいでしょう。

では、なぜ「写真」にしちゃったんでしょうか?
e0164136_17403256.jpg

答えってのはないんだけど、参考程度にこの本を。
最近、読み始めました。

ホンマタカシ 「たのしい写真」

この方、ホントに勉強熱心で知りたがり。見習います。
ホンマタカシさんの独自の見解で、様々な角度から写真にアプローチをかけ、また解体していく様が書いてあります。
何気なく購入した本ですが、読むにつれて今まで考え方を解体し、また新しい考えが構築されました。

100人いたら100通りの考え方、100通りの撮り方がある写真。
真実だけが写真じゃない。
虚実交わるのも写真。

んーーーーーーー、奥がふかーい。
写真って。
カオスだね。カオス。

しかしまぁ、なんか開けた。
広角レンズつけて、バーチバチと写真撮っていこうっと、

今想う。


一人言。
[PR]
by ume0402 | 2009-08-05 18:04 | book

Nick Knight

4月に入り、新カテゴリー追加です。

写真撮る人間なのに、CDの紹介ばかり。
今年度からは、好きな写真集を勝手に解釈し、紹介していきます。

第一回目は近くにあったので、ニックナイトの「Flora」です。

ニックナイトって名前くらいは聞いたことあると思いますが、そもそもどんな人?って聞かれると。

イギリス人フォトグラファーで、「Vogue」「Dazed & Confused」「i-D」「The Face」や「Visionaire」などの雑誌に作品を発表。
大学では人類生物学の勉強を、そしてアートカレッジで写真の勉強を始める。卒業後、色々なバンドのジャケット写真を撮るようになり、82年にi-Dで仕事をするようになったそうです。

アレキサンダー・マックウィーン、カルバン・クライン、クリスチャン・ディオール(ジョン・ガリアーノ)、リーバイス、ヨウジ・ヤマモトやイヴ・サン・ローラン、ジル・サンダーなどのキャンペーンフォトを手掛けたり幅広く活躍しています。
また、デビッド・ボウイ、マッシブ・アタック、カイリー・ミノーグなどのCDカバーの写真も手掛けたりしています。

今も、バリバリファッション業界でやってる人。

そんな彼が、押し花や押し葉を撮り下ろし2000年に発売された写真集がコチラ。
e0164136_1183571.jpg
そもそも、モチーフになったのは大英帝国時代から100年以上に渡って世界中で収集され、ロンドン自然史博物館に収蔵されている押し花や押し葉で 、セレクションに3年半にもかかったそうです。
サンプル数は600万にもおよび、まずその中から約1000種類が選ばれ撮影され、 最終的にベストの46点が選ばれたそうです。
博物館キュレーター、サンドラ・ナップによる植物の採取地、歴史、人類の利用法などの 詳しい解説付きです。(持ってるのは英文なので読んでません。)
植物標本に色とフォルムの美を見出した傑作写真集です。

やっぱねー、ファッション写真の第一線でやってる人だから、植物撮らせても洒落ているんです。
こんなプリントしてあるTシャツあったとしたら即買いしますよ。

ヴィジュアルにしろ音楽にしろ基本、スタイルとしてはブリッティシュ好きな私。
けどね、深さとか求めちゃうと断然NYの方がかっこいいもんな。
スタイルはUK、スタンスはNY。
けれど、私は日本人。日本人の感覚は飛び抜けて好きである。
他の国の人と比べると超グレーですもんね。
(簡単に言うと、わびさびとかアバウトなこと。この感覚は日本人特有のものらしいよ)

これら好きなことをどう消化し写真に活かそうか考え中。

ん〜、悩むぜ。
[PR]
by ume0402 | 2009-04-01 11:41 | book