<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サマージャム

出力もほぼ済み、だいぶ一段落しました。写真展の準備。
ちとばかし時間に余裕ができたので休日でかけてきましたよ。

「今日も暑ーい1日になりそうです」
ほら言ってる わっ超あおられる
夏っつうと こうモーローと
してるうち翻弄されちゃうよどうも
なっ もうカーッとこられると
こっちも負けるかって気になるの
解ってのに炎天下に
全然意味なく 家出たりしてね
そんで出た瞬間に 汗がダーァ
太陽ピカーッ 頭フラーッ
夏本番 海か?山か?
プールか? いや 藤崎台球場か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
いやいや、前置き長くて。久々ブログ書くもので文字量増やしたくて。

夏っていたら藤崎台でしょう!!
私の毎年の恒例行事で必ず一回は行きます。
なんかねー、取り戻すんだよね。
あそこ行くと。
ドラマチックだし。美しいし。


昨日は、2回戦の途中で大雨になり最後まで見れなかったのが心残り。
はよ、梅雨明けんかね。

ベスト16も出そろったみたいで、いよいよ県大会も佳境に入りおもしろくなりそうです。
来週も行けたら行こう。
行ったことないない方、お時間おるならばお出掛け下さい。

夏の藤崎台球場はエバーグリーンですよ。
e0164136_1842883.jpg
e0164136_18421968.jpg

[PR]
by ume0402 | 2009-07-21 18:42 | life

ホームページ

Graphesの新しいHPできました!!
見てくださーい。

会社のみんな、写真展に向けてなんだかバタバタです。


ではっ。
[PR]
by ume0402 | 2009-07-15 21:11 | お知らせ

制作中

モノクロームを好む私。

白にも色がある。
黒には深さがある。

まだ、テスト段階ですが本日初出力。
プリントがアナログからデジタルに変われど、望むトーンに仕上げるのには時間と費用がかかる。
しかし、初めての写真展だから妥協はできんとよねー。
e0164136_18371029.jpg
定期的にハイクオリティな写真展やられてる方、凄いですね。
尊敬します。

本日は、たて続けに3つもブログ更新してしまいました。
しばらく、更新しません。たぶん。
気が向いたら、するかと思いますが。

制作に入ります。

では、また。
アディオス アミーゴ。
[PR]
by ume0402 | 2009-07-09 18:42 | photo

雨はきまぐれ

今日の空模様。
最近の天気は、よーわからんですな。
降りそうで降らない。
e0164136_18165181.jpg

今週の土曜からいよいよ高校野球始まりますね。
高校野球って一瞬一瞬にドラマがあるから好きなんだな。
何が起こるか読めないもんね。一瞬で変わるし。
そこがおもしろいとこ。
今年はどんなドラマがあるのでしょうかね。
楽しみです。

プレイボールのサイレンとゲームセットのサイレンには涅槃を感じます。

頑張れ、高校球児!!!
[PR]
by ume0402 | 2009-07-09 18:27 | life

写真展

グラフができて10周年になります。
そこで、写真展開催します!

8月いっぱいマットギャラリーにて。

5人の写真家が日にちをずらし展示しますので見応え有りかと思います。
e0164136_1834933.jpg

各個人の開催日

8/11〜8/31 森賢一 「リアルノスタルジー」
8/20〜8/31 内村友造 「わたしであるために」
8/01〜8/10 松永育美「夢の中で夢を見る」
8/21〜8/31 山口亜希子「透鏡〜とうきょう〜」

そして、入社して1年と少しと歴史は短いですが、私も数点展示します。

8/01〜8/10 梅本洋光「夢は果てしなく」

最近暑い日が続きますが、お時間ある時にお出掛け下さい。
よろしくお願いします。



P.S

DM置かせてくれたお店の方々ありがとうございます。

感謝。
[PR]
by ume0402 | 2009-07-09 18:15 | life

PUNK

e0164136_18504356.jpg

PUNKって、切ないよねー。
儚いよねー。
なんだか。
[PR]
by ume0402 | 2009-07-03 16:46 | photo

7月1日

7月入りましたね。

気がつけば二週間もブログ放置。
最近本を読んだり、勉強したり自己思考能力アップ期間のため出不精になりネタありませんでした。
写真もブログもネタが大事。
やっぱ、外でなきゃいかんね。
・・・・・、っと思いつつ。

先週の金曜日、朝崎郁恵のライブ行って来ました。
チビッコからお年寄りの方々まで幅広い年齢層のリスナーが300人前後入って心地よい時間でした。
よー、この幅広い年代のお客入ったなーって思いました。

なぜ、朝﨑郁恵は幅広く受け入れられるのか考えた。
まずは、抜群の歌声。これは当たり前。
それと、民謡をモダンにアレンジすることにより古くさくなく新鮮。
あとは、切り口と包容力。
このお方、ニューヨーク、ロサンゼルス、キューバなどの海外公演を始め、国内でも国立劇場10年連続公演等、数々の大舞台で歌われている凄い方。
しかしながら、74歳にして若者がメインで集う野外フェスやレイヴなんかでも歌う一面の持っている。(今年はサンセットにも出るみたい)
ジャンルを超え多くのミュージシャンから支持されセッションしています。

e0164136_12322042.jpg

[PR]
by ume0402 | 2009-07-01 12:39